<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

『おやじの星』桃谷先生の思い出

前回紹介した『おやじの星』桃谷先生との稽古を思い出してみよう

……あ"っ

記憶の奥に封じ込めていた強烈な出来事を思い出した…

今思い出してもブルブルする出来事…


あれは私が大学生の頃…そう〈おかだくん〉〈しんいちくん〉〈おかざきくん〉〈なかやん〉〈しんじくん〉〈りょうくん〉と同じ歳の頃…

《昇段審査》

黒帯を巻く為に避けてはとおれない昇段審査。今の実践会館では、[基本審査]の後に2分×5人の[組み手審査](通称5人組み手)をおこなっているが、当時の[組み手審査]は3分×5人であった…。

1人目、2人目と激しい組み手をしてしまった私は、3人目の組み手の最中相手の強さに愕然とした。
「こいつ強い…!こんなに強かったか…!?」
その相手は、以前[友好団体『空翔会』の紹介]の中で紹介した
戦友〈うまごえくん〉である。
へろへろになった私に容赦のないラッシュ・ラッシュ・ラッシュ…またラッシュ…

「うお〜!」


何とか3人目の〈うまごえくん〉との組み手を終えた頃、私は自分に気合いを入れ直した。
「おりゃ〜!!」
「あと2人やっ!」

とその時である。川内館長の口から予想だにしなかった言葉が言い放たれた…。

【川内館長】
 優しい笑顔
「コサカくん。よく頑張ってるね〜、まだいけるか?」
d0093452_1745810.jpg








【私】
「押忍ありがとうございます。まだまだいけます。押忍」
私はその時思った。館長にお褒めの言葉をいただいたからには、残りの2人死ぬ気で倒したる!どっからでもかかってこんか〜い!!

甘かった…


d0093452_17549100.jpg【川内館長】

「よし決めた!君は今日7人を相手にしなさい!!相手選手の

 順番は今変更します。

 いいね」

 怖い笑顔


【私】
「…………………………………………………………………………………………!!!?」

 Whyっ〜〜〜???

「おっ・おっ・押忍…」

 言ってもうた…「押忍」って言ってもうた…

 Noっ〜〜〜???


4人目、5人目が何とか終り、残すところ2人になった。
しかしそこからが本当の悪夢のはじまりだった…

6人目の組み手相手


d0093452_15434056.jpg猛獣 石井信二師範

館長のブログ〈http://hjimek.exblog.jp/〉古今弟子話にも登場する、
〈現館長代理 石井信二師範 五段〉である。
石井師範をご存知の方はもう話さなくてもわかっていただけるだろう。石井師範は、実践会館のエースで、その強さ・恐ろしさたるや広く全国の他流派にまで轟いている。



【私】
「…」
「狩られて、焼かれて、喰われる…」
真剣に思った…



     凄かった…



肉が疼き、骨がきしむ…

強いなんてものじゃない…

いわば交通事故だ…



防戦一方…何とか耐えた?

意識が遠かった…立っているのが奇跡だった。

体は限界を越えてズタボロ。

「押忍…ありがとうございました…」


すかさず容赦のない館長の声がした。

【川内館長】
「いよいよ最後の組み手だ!気合いを入れていきなさい!」
「では7人目!桃谷和秀君!!」


d0093452_15454754.jpg桃谷和秀師範代

前回紹介した「おやじの星」 現向島支部長 桃谷和秀師範代 三段である。石井師範と共に実践会館のエースで、その強さは全国に轟いている。当時から数々のタイトルを持っていた。


【私】
「ガチョ〜ン…!?」

地獄だ…ここが地獄だ…

間違いない…


【川内館長】
「始めっ!」



交通事故…



私は思った

『鬼』…

この人のためだけにある言葉だ…



ボコッ・バキッ・ボコッ…







終わった…?



立っている…?



無意識に近かった…覚えていない…

「おす……ありがとう・ご・ざ・い・ま・し・た……」

バタン

そのまま倒れた…

直後、お花畑が見えた気がした…


今思い出しても恐ろしや〜恐ろしや〜

以上が桃谷師範代の強烈な思い出である。
その後の試合でも未だにこのお二人より怖くて強い人に出会っていない私である…

P.S.実践会館ホームページの写真を使わせていただきました。ご了承ください。
押忍
[PR]
by renjoji | 2006-09-29 15:49 | ■からてみち

おやじの皆さんに朗報!!

9.18(Mon) 高齢化社会にサンサンと光り輝く「おやじの星」が誕生!


9月18日に開催された、『マス大山カップ 全国極真流空手道選手権大会』において、向島支部長の桃谷先生(36才)が壮年部で優勝!!!


「蓮昌寺道場のおやじのみなさん!明日のおやじヒーローはあなただ!!」


うちの道場にもやって来る辻君も3位入賞。

【大会結果】
壮年の部     優 勝  桃谷和秀 (三段)

一般無差別の部  第3位 辻 英辰 (初段)

小学1・2年の部 第3位 吉原虎汰朗(4級)
小学3・4年の部 第3位 増成涼一 (1級)
小学5・6年の部 第3位 石井治希 (初段)
d0093452_14564252.jpg

[PR]
by renjoji | 2006-09-27 14:58

【大会結果】 9.24 第9回格闘技空手拳法選手権大会 新人選【勇健塾】

押忍

おかだくん
d0093452_0494162.jpg

しんいちくん
d0093452_0501142.jpg
いよいよ大会当日がやってきた。この日に備え〈おかだくん〉と〈しんいちくん〉は血のにじむような稽古をこなしてきた。(ウソウソ)

冗談はさておき、約半年前入会してきた二人にとってはフルコンタクト空手の試合は生涯で初めてのことである。
なにせまだ入会半年、道場での稽古は週に1回なのだから、誰も期待していなかったと思う。結果は〈おかだくん〉3位-4回戦・準決勝敗退、〈しんいちくん〉2回戦敗退と残念なものに終わったが、彼らはとてつもなく良い勉強をさせていただいたと思う。試合後彼らは真剣に悔しがっていた。負けたと言う事実を真摯に受け止めようとしていた。
あきらかに自分に対して悔しがっていた。

『一番手強い強敵は自分自身である』

『強さ』とはそういうもんじゃないだろうか。《自分の存在を謙虚に認めて初めて相手をみることができるのだと思う》。自尊心はそんなところで正しく育まれるのではないだろうか。

何はともあれ、空手家にとって初陣は生涯忘れられないものである。


【一回戦】
さてさて、〈しんいち〉の一回戦の相手は細身で長身だった。
d0093452_0521740.jpg

「始め」の合図で〈しんいち〉の「うりゃ〜」という普段聞いたこともないような気合いが放出された。序盤は両者五分の接戦。試合時間の半分が過ぎた頃、徐々に〈しんいち〉の気合いが相手を飲み込んでいった。後半は〈しんいち〉のペースで猛ラッシュ。
結果は判定勝ち。あっぱれな試合内容だった。


続いて〈おかだ〉の一回戦。試合開始から終始『鬼の形相』で相手を圧倒。結果は判定勝ち。こちらもあっぱれな試合内容だった。
d0093452_0504181.jpg

ここで一言。私は彼らにこの半年間ほとんど基本技しか教えていない。基本技しか教えるつもりはなかった。「よくまあ、これだけの持ち技でやるな〜感心!」


【二回戦】
〈しんいち〉の二回戦の相手は、なんと同門(兄弟団体)の『勇心会館』の色帯である。
シード選手なので相手にとっては本日初戦。(この大会殆どがシード選手。空手歴半年、正真正銘無名の新人〈しんいち〉と〈おかだ〉は当然予選的な一回戦からのトーナメントなのである)〈しんいち〉にとっては、一回戦の後一試合を挟んだだけの二回戦である。
《しんいち》
「もう俺っすか?」

《審判》
「始めっ」

《しんいち》
「うりゃ〜」
d0093452_054441.jpg

《試合会場》
「ボコっ」
なんと!〈しんいち〉開始数秒で相手の強烈な右ローキックをもろにくらってしまったのである。ここで〈しんいち〉の気力がなえた。終始得意の[エビ逃げ]で相手の技をかわそうとするが、相手にとっては好都合である。怒濤のラッシュを受けあえなく2回戦敗退。残念!
「コラッ!今日から[エビ逃げ]禁止やっ!!」


続いて〈おかだ〉の二回戦。彼にとっても、一回戦の後一試合を挟んだだけの二回戦である。

《審判》
「始めっ」

《おかだ》
鬼の形相
d0093452_0545283.jpg



本戦終了:引き分け

再延長戦開始



再延長終了:引き分け

再再延長開始

終盤、〈おかだ〉のみごとな飛び膝蹴りが相手に命中。(相手痛そっ!)

試合終了:〈おかだ〉判定勝ち!!


ここで一言。〈おかだ〉はこの試合で見事にスタミナを消耗したのであった…


【三回戦】
〈おかだ〉の三回戦の相手は、なんと同門対決であった。相手は『実践会館』の色帯。先程の試合を見させてもらったが、明らかに相手のほうが多くの技を持っていた。

《審判》
「始めっ」
序盤相手の上段回し蹴りをあわやまともにくらいそうになった。
d0093452_0554269.jpg
しかしここからが〈おかだ〉である。私には何か
「プチッ」
という音が聞こえたような気がした…。
明らかに〈おかだ〉の形相が今までにも増して鬼になった…。
「こ、これは…ひょっとこ赤鬼ではないか!?」
d0093452_1114393.jpg

その数秒後なんと逆にもろに相手に上段回し蹴りを決めたのである。
d0093452_058949.jpg

《審判》
「技ありっ!」

《私》
「おお〜ぅ」

それからは〈赤鬼〉が終始相手を圧倒。


ここで一言。相手選手は決して弱くなかった…
私は〈おかだ〉が上段回し蹴りをきめたところを初めてみた。道場での組み手中でさえ上段回し蹴りをくり出したところをみたのはほんの数えるほどである。先日の稽古で先輩である〈かなざわ〉からもろに容赦のない上段回し蹴りをくらいKOされた姿はみたのだが…
この男・着実に成長(進化)している。
よきかな!
P.S.〈かずひで支部長〉ありがとうございました。押忍


【準決勝戦】
予選的一回戦から気合いだけで勝ち上がって来た無名の新人〈おかだ〉のスタミナはもう『風前の灯火』である。「集中・集中あと二戦や!!」

《審判》
「始めっ」

本選終了:引き分け

延長戦開始
中盤何故か〈おかだ〉が掴みの反則注意1をとられた。明らかに相手が掴んでいるのに…

延長戦終了:〈おかだ〉判定負け

〈おかだ〉の道衣は相手選手の拳の出血により血まみれ。それらしい風貌になっていた。
d0093452_1131488.jpg



ここで一言。準決勝戦では不本意な反則をとられたが、決して試合内容は勝ってはいなかった。「真摯に結果を受け止めよ!」
d0093452_119289.jpg



とまあこんな感じであった。彼らの試合はことごとくビデオに撮ってあるので興味のある新人諸君は申し出よ!


試合後四国を出る前に『さぬきうどん』を食って温泉につかって帰る我々であった。
d0093452_1222269.jpg



岡山に帰って来た我々は打ち上げを開いた。現地に行ったのは、選手の二人と私と裏践会・幹事長〈くぼっち〉の四人だけだったのに、なぜか打ち上げ会場には次々に人があつまってきて十人以上になっていた…

彼らの先輩である〈ながおくん〉は二人の話を聞いて自ら断言した。
《ながお》
「二人に良い刺激をもらった!僕も来年試合に出場しますっ!!」
《私》
「おいおい…男に二言は無いぞ!」
《ながお》
赤い顔して「押忍」

仕事・用事を終えて二人のために駆けつけてくれた皆さんありがとう!!次回は応援にきてねっ!!!裏践会・幹事長〈くぼっち〉今回は大変お世話になりました。ありがとう!!!!!

おかだ!男は流した涙を忘れるな!そして流れた涙に嘘をつくな!!

押忍
[PR]
by renjoji | 2006-09-26 00:59 | ■からてみち

道場日記 9.22

d0093452_22544154.jpg

本日の稽古にも、新たに3人の若人が門をたたいて来た。
〈むらさん〉と〈なかやん〉と〈りょうくん〉彼らの名である。

〈むらさん〉は元ボクサー。何年もブランクがあるらしいが、さすがに洗練された動きをしていた。初めての蹴りも見よう見真似でミットにぶち込んでいたが、その勢いは迫力満点!そんな彼との帰り際の会話。

《むらさん》
「いや〜来週入会願書持って来ますわ!息子も一緒に入会させてもいい?」

《私》
「いいですよ。親子入会歓迎しますよ!…ところで息子さん何歳でしたっけ?」

《むらさん》
「0歳!!」

《私》
「…」
「…」
何故か想像してみた
…0歳児…
身体はめっちゃ柔軟やろな〜…
稽古中起きてるのか…?
首ガクガクやん…
何よりも立たれへんやんっ…

《私》
「いや〜無理っすね・無理っ」

《むらさん》
「脇で寝かしときますから!」

《私》
考えてしまった…
<0歳児からの空手英才教育〜睡眠押忍〜>世の中広しといえども実践してる人はいないやろ〜…ひょっとすると将来うちの道場を背負って立つ逸材になるかもしれん……いやいや初めて覚える言葉が<押忍><エイッ><「チェスト〜>はあかんやろっ!?そんな偏った育ちかたしても責任とられへんやん…
「むらさん・さすがに無理・無理っ!!!」


〈なかやん〉は先週初稽古にやって来た〈しんじくん〉同様今年の『うらじゃ』を一緒につくってきた仲間である。現在大学4年生である彼は『うらじゃ』本祭当日、髪の毛を7色に染めて『ロッドマン』と呼ばれた男である。
彼は大型新人のにおいがする。格闘技経験は初めてとのことだが、見様見真似でやってみた蹴りには目をみはるものがあった。柔軟な体からくり出されるそのしなやかな蹴りはムエタイを彷彿させたくらいだ。
「なかやん!君にその気があれば、栄光のチャンピオンへの道を歩んでみないかい?」

〈りょうくん〉も〈なかやん〉、〈しんじくん〉とおなじ大学生である。彼は空手経験者である。今回は控えめに稽古をしていた印象がある。多いにはじけていいんだよ!


明後日に初出陣を控えた〈しんいちくん〉と〈おかだくん〉は最後の調整に励んでいた。
「しか〜し君たち、試合の前に体調を崩すのは三流の戦士だぞ!!!コラッ体調は整えとかんかい!」
…かくいう私も骨折した足で出陣しちゃったことがあるか…でもちゃんと2連覇をかけた『大学選手権大会』で団体戦優勝したったぞ!(その大会で私は大将だった…団体戦メンバーは〈先方・次鋒・大将〉の3人で構成されており、先方・次鋒が勝てば大将の出番はなくてすむというありがたいシステムのおかげで、ほとんど出番がなく優勝してもうたのだが…骨折していることは、誰にも打ち明けていなかった私にとって当時の先方・次鋒には感謝・感激・雨あられ・だ…この話はまた機会がある時に話そう)「えん〜い優勝は優勝じゃいっ」

d0093452_2255090.jpg

今日も稽古の後みんなでワイワイとめしを食べに行った。裏会に突入である。
その後は元気なおやじ三人衆で2件目まで行ってしまった…。そこでは〈まっつぁん〉と〈たかさん〉と熱い話に華が咲いたとさ…
裏践会・幹事長の〈くぼっち〉!連絡しなくてゴメンちゃい!
[PR]
by renjoji | 2006-09-25 22:56 | ■道場日記

勇心会館北部支部ブログ

《男の中の男》勇心会館北部支部 支部長小川さんぼブログ!
小川支部長にふれると火傷するぜっ!
勇心会館北部支部ブログ
[PR]
by renjoji | 2006-09-22 13:36

道場日記 06.9.15

今日の稽古には新たに2名が加わった。ダイエッタ−ロボまっつぁんの会社の同僚の"たかさん"と、先日の裏日記にも登場したが、今年の夏、岡山の祭「うらじゃ」を一緒につくってきた、"しんじ"だ。

今日の稽古は全員でストレッチから始めた。脚部・股関節を中心におこなった。
ここで一言!!
道場生諸君、ストレッチは毎日おこなってください。決して無理をしてはいけません。風呂あがりなどに少しづつおこない、毎日の積み重ねが大切です。身体の柔軟性があがると、怪我をしにくくなります。そして何より<技>のレパ−トリ−が増えます。稽古でもやったとおり呼吸を止めずに、息をはく時に力を緩めることがポイントです。

いや〜今日の稽古はにぎやかやったな〜おやじ達も若人もいい汗をかいていた。初稽古のたかさん、しんじ君、空手はいかがだったかな?感想など聞かせてください。
10日後に試合を控えた岡田君、真一君。試合までにはとにかく体調をととのえなさい。君達はこの数カ月でかなりスキルップしているから自信を持てばいいぞ!
ってな具合で、いろんな人がいろんな目的・目標をもって頑張っている。そして各々が影響を与えあっている。
いいんじゃない!!!
[PR]
by renjoji | 2006-09-16 19:33 | ■道場日記

からて示唆〜〜其の三〜

【直線運動と回転運動】
空手の技<動作>はことごとく力学で説明できます。(私の必殺技である<波動拳>や<目から怪光線>などは無理だが…)
1番の元になる<動作>は《直線運動と回転運動》です。おいおい稽古で説明していきますのでこの言葉は覚えておいてください。
押忍
[PR]
by renjoji | 2006-09-16 19:28

ダイエッターロボまっつぁん

d0093452_14451968.jpg昨晩、まっつぁんからメールがきた。彼は11月半ば(開始から3ヶ月)までに6キロの減量(ダイエット)をして82キロあった体重を高校時代の76キロにするのが目標である。何とすでに80キロを下回った。着実に達成に近づいているといえる。
彼の体格から基礎代謝を計算して3ヶ月の計画をたてたとすると、摂取カロリーを1日500キロカロリー(ポテトチップス1袋くらい)減らせば理論上は今までの生活スタルで目標を達成できることになる。となると、トレーニングなど必要ないように思われる。
「ちょっと待った!!!」
そこが落とし穴である。リバウンドというものも考えておいたほうがよい。説明すると長くなるのでズバリいう。リバウンドしないためには、食事制限と並行してトレーニンをおこない、基礎代謝を上げておけば良いのである。
そのトレーニングに空手は最適である!!
せっかくなので減量(ダイエット)に成功したら今度は、カッコイイ体をつくっていきましょう!これで気になるあの娘のHeartもがっちりKeep!!

話は変わるが、まっつぁんはひじょうにセンスがいい。以前、半分遊びで一度だけ[回し蹴り]を教えたことがあるのだが、なんとあれから1年程たった先週の稽古でかなりいい感じでキレのある蹴りをミットにぶち込んでいたのである。〜正直少々ビックリした〜このままいくと〈シニアの大会〉(シニアといっても強豪ぞろい!)を制覇して『おやじヒーローまっつぁん』を誕生させるのも夢じゃないんじゃないか!?と密かに思う今日この頃である。
[PR]
by renjoji | 2006-09-15 14:52 | ■からてみち

友好団体『空翔会』の紹介

今日は、私が神戸、大阪時代に通わせていただいた、空手道同好会『空翔会』の紹介をしよう。

『空翔会』…そこは野獣・珍獣の楽園。彼らは強い。とにかく強い…。スポーツナイズ・ビジネス化を進める道場が増えている昨今、彼らほど純粋にそして不器用に空手道を追及している団体がはたしてどれくらい(うちはのぞいて)あるだろうか。来るもの拒まず・去る者追わず、弱きを助け・強きをくじく、好きな言葉は飲み放題・食い放題(?)。そんな団体なので当然強烈なオーラを放つ野獣・珍獣が集まってくるのは必然なのだろう…。
では野獣・珍獣達の紹介をしよう。下の写真をご覧ください。……!!!?っておい、真ん中で堂々と自信満々の笑みを浮かべているのはうちの"まりっぺ"ではないか。2002年5月に岡山支部蓮昌寺道場を開設して依頼の弟子で、大阪に帰郷する2006年5月までの4年間何と一度も稽古を休まなかった豪傑である。この"まりっぺ"には伝説が多い。《半年間で15キロの減量(ダイエット)》、《コンビニ変態男いてこまし事件》、《1回勝って全日本大会第3位》…etc.  うちの金澤でさえ"姐御"と呼んでいた人物である。しかし空翔会の代表者の様な面持ちで違和感なく溶け込んでいるのは彼女のオーラのせいなのだろうか。
"まりっぺ"の話は今後徐々にしていくとして、空翔会の面々を紹介しよう。
【すがぬまさん】
空翔会の創設者であり、人望が厚く皆から信頼されている兄さん(おやじ?)である。岡山道場へもたまに来られるのでよく覚えておくように。

【いとうさん】
すがぬまさん同様空翔会の創設者である。現在整骨院の医院長先生をつとめられている。噂では北斗神拳を極め、その手技はトキにも勝るといわれている。

【うえきさん】
一言で言えばモンスター…。
私に空手を教えてくれた大先輩であり、大学の実践空手部を創設した第一代目主将である。

【うまごえ】
大学試合からの同級生でもあり、いわば戦友のような存在。彼も数々の伝説をもっている。大学時代昇段試験に合格し夢にまで見た刺繍入りの黒帯が届いた日のことである。何と名前の刺繍が〈馬越→鳥越〉になっていたが、「間違えた許せ」との館長の一声に涙をこらえた「押忍」の一声で応え、次回の稽古からは、油性黒マジックで起用に〈鳥→馬〉に直した帯を巻いて稽古に励んだ男である。

【こやま】
一言で言えばやんちゃくれ(だった)。
大学時代からの後輩で、結婚して良いパパぶりを発揮していると聞くが…。

【まつもと君】
同じ実践空手道協会で兄弟道場『勇心会館』に所属している。生真面目でいつも写真を送ってくれる気が利く好青年である。

【ひでき】
現在『空翔会』の代表を努める男の中の男(!?)。突如今年の『うらじゃ』にやって来て、姿をくらませたので知っている人も多いと思う。とにかく彼の名前と顔は忘れるな。伝説は数限りない…。

道場生諸君。彼らはいわば私の家族のような存在である。全員の紹介は今回は控えておくが、とにかく彼らを覚えておきなさい。岡山の稽古にやって来ることもあるが、こっちからも出稽古に行かせてもらおうと思う。というか彼らの紹介文を書いてて気づいたのだが、彼らのエピソード・伝説は濃くて多すぎる。何冊かの本が出版できそうなくらいだ。今後徐々に紹介していこうと思う。
押忍
d0093452_1955164.jpg

[PR]
by renjoji | 2006-09-14 18:58 | ■からてみち

選手諸君

来る9月24日に初出陣する"しんいち君"、"岡田君"先日電話で伝えた稽古は実践しているかな?

一つ教える。

『一番手強い強敵は自分自身である』
[PR]
by renjoji | 2006-09-13 19:23 | ■からて示唆


とある『まち道場』のブログ


by renjoji

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
◎道場案内
○道場生募集
■連絡事項
■道場日記
■道場生日記
■からてみち
■からて示唆
■裏日記

Link

以前の記事

2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧